髭が似合う秘訣とは?

髭が似合う顔ってどんな顔?顔だけではなく髭のタイプにも注意しよう

髭の似合う男とは

日本人の顔は、基本的に髭が似合いにくいという特徴があります。もちろん、これは日本人なら誰もがそうというものではなく、典型的な日本人としての顔、いわゆるしょうゆ顔の人がそれに当てはまります。実際のところ、髭に対する好感度では嫌いな人のほうが多い傾向にありますが、清潔感がないなどではなく根本的に似合っていないからとも考えられるのです。髭を生やすことに憧れていても、いざ実行してみたら評判が良くなかったという例はたくさんあります。それでは、どんなタイプが似合う顔なのでしょうか。

まず、彫りが深くて顔立ちがはっきりしている人です。メリハリがあるため、髭を生やしてもそれに負けずにバランスが取れます。そしてワイルドさが感じられる人も、似合う顔としてあげられます。髭自体がワイルドさを演出するために使われることが多く、足りないものを補おうとするよりも、今ある魅力にプラスする使い方が良いのです。弱々しいイメージの人が生やしても、ちぐはぐな印象を受けてしまいます。

最後に、しっかりと生えそろえられるくらいに濃いことが重要です。薄く生えている人の場合、どれだけ伸ばしてもまばらな印象が強くでてしまい、不潔でだらしない感じがしてしまいます。これは似合う顔というよりは体質によるもので、薄い人の場合はどんな顔つきであっても伸ばさないほうが良い評価を受けます。髭が似合う顔ではない人の場合、無理に生やそうとしても失敗してしまう可能性が高いです。それならば、いっそのこときれいに脱毛してしまうのもひとつの方法です。毎日剃るのは大変だと感じているなら、レーザー脱毛などを使って永久脱毛しても良いでしょう。

生まれ持った顔つきによるものなので、いくら本人が憧れてもその壁を越えられないのは不公平かもしれません。自分がそうしたいからと開き直れるならともかく、自分以外の誰かからの評価が気になる人なら、自分に似合ったファッションを選ぶようにしましょう。

 

髭に似合う髪型も意識してファッションを決めよう

ファッションは、一部分だけではなくトータルバランスで考える必要があります。自分なりに気に入っているワンポイントがあっても、それが全体のバランスを崩してしまうようなら、選ばないほうが良いこともあります。そこで気になるのが、髭に似合う髪型です。

髭をファッションに取り入れる場合は、気をつけなければならない要素があります。まず、自分に似合っているのかどうかです。これは顔つきによって変わってくるので、実際に試してみなければ分からないこともありますが、薄くておとなしめな印象を受ける人だと厳しいところがあります。そして、次にそのスタイルに合わせてどんな髪型にするのかがポイントになります。

髭を生やす場合、ワイルドさを強調したい人が多いです。元々そのような顔立ちをしている人ならよく似合いますが、そこでヘアスタイルをどうするのかによって、受けるイメージは変わってくるのです。この考え方に合わせると、髪型もワイルドなものにすると似合う傾向にあります。ワイルドショートやツーブロックなどは、似合う髪型として代表的です。外国人風に少し癖のある感じを演出するパーマも、相性抜群なヘアスタイルになります。ワイルドさと同時に、どこか爽やかな印象を見せられることもポイントです。ヘアスタイルによっては、髭と合わせるとどうしてもうさんくさいイメージを持たれてしまうことがあります。必要以上に相手を威圧してしまう印象を持たれることもあるので、気をつけてください。

全体的なバランスを考えつつも、自分の顔に合ったものを選ぶのは慣れないと大変です。どうすれば良いのかと困ったときには、美容師などの専門家へ相談してみてください。自分だけの好みだけで決めても、なかなか上手くいかないことは多いです。そんなときには、冷静な目線で見られる第三者からの意見がとても役立ちます。最後に気をつけたいのは、髭を中心に考えようとしないことです。自分がどうなりたいのか、どのように見られたいのかを考えて、スタイルを決めていきましょう。

 

髭に似合うファッションに迷ったときは

髭ファッション

髭を生やすと、その人の雰囲気は全く違ったものになってきます。そうなると、今までのファッションと同じでも大丈夫なのかと気になってくる人も多くいます。普段からどのような服装をしているのかによっても変わってくる問題ですが、髭に似合うファッションに困ったときは、シンプルに考えてみましょう。

髭によって受けるイメージとしては、それまで以上の貫禄です。これは単純に老けて見えるという場合もありますが、貫禄があると感じられることが多くなります。そのため、これに合わせたものとしては、渋めのものやダンディさを意識した服装が合ってきます。少し難しい点として、年配向けのものであればそれで良いというわけではなく、あくまでもダンディな感じを演出するものです。髭の似合う人がみんな老けたイメージというわけではなく、若い人でもちょっと大人の雰囲気を演出できるようにするだけで大きく変わります。ブランドもののアクセサリーにこだわってみるだけでも、雰囲気はずいぶんと変わってきます。

髭をファッションに活用している人で失敗している人の多くは、不潔やだらしないという印象を持たれてしまっています。軽薄そうな格好と合わせると、そのイメージが加速してしまうので、あまりおすすめできません。それでもうまく活用できる人はいるかもしれませんが、簡単にできるものではないのです。そのため、マイナスイメージとは逆方向へ進み、しっかりとした印象を演出できるようにすることが、ファッションには求められます。

その人の雰囲気は、見た目に少し変化があっただけでも大きく変わることがあります。その中でも髭は、顔のイメージを大きく変える影響力があるので、全体的なファッションにも大きな影響を与えるものだと覚えておいてください。この部分をうまく活用できるかどうかで、周囲への影響は大きく変わってきます。一部分だけを気にするのではなく全体のイメージを考えてこそファッションはうまくいくものなので、十分に気をつけてください。

うまく髭を生やすには脱毛がオススメ!

髭をファッションとして取り入れるのは非常に手間がかかります。自分に似合った髭スタイルを見つけられたとしても、毎日欠かさずに手入れしなければ長続きしません。そこでオススメしたいのが、髭の脱毛です。必要な髭以外の部分を脱毛してしまえば、一切余計な労力は必要なくなります。ずっとその髭スタイルを維持することも可能です。髭の手入れが面倒な方は、髭を脱毛してしまいましょう。